手のひらの薬

若年性更年期障害とは

薬のイメージ

若年性更年期障害とは、閉経前後に女性に起こる更年期障害がまだまだ閉経する年齢でない若い頃に発症するものです。
普通の女性は40代〜50代頃に閉経を迎えます。
閉経によってホルモンバランスが大きく崩れ、それによって精神的・身体的に不調をきたすものが通常の更年期障害です。
しかし、閉経以外にもホルモンバランスの乱れを招く要因があるのです。
ストレス、過度のダイエット、肥満、喫煙などが若年性更年期障害を引き起こすのです。
育児や仕事、人間関係によってストレスを強く感じ、それによって無月経になってしまうことでホルモンのバランスが大きく崩れることがあります。
過度のダイエットや肥満も、規則正しい食生活もホルモン分泌には必要不可欠な要素なので絶食も過食もどちらも身体的に悪影響を与えてしまいます。
原因はホルモンのバランスによるものだとわかりましたが、症状はどのようなものが現れるのでしょうか。
若年性更年期障害は発症後、精神的に不安定になったり、頭痛、腹痛、めまい、動悸など、ありとあらゆる症状を引き起こします。
症状に統一性がないため、自分が若年性更年期障害だという自覚がない人も多いようです。
よく現れる症状としては、イライラする、汗が出やすいというようなものがありますが、特有なのが顔がほてる「ホットフラッシュ」と呼ばれるものです。
日常生活においてなにもないのに顔がほてることなんてないですよね?
普段と違う症状としてこのホットフラッシュがあることは、若年性更年期障害の発症が濃厚だとも言える要因になるでしょう。

自覚症状を感じにくいものなので、普段の自分となにか違う、というような些細な違いも注意しましょう。